東京農業大学稲花小学校に合格するための3つの秘訣

こんにちは。幼児教室MBキッズカレッジ校長、青木みのりです。
私たちの教室(世田谷区、江東区)は、コロナの影響でゴールデンウィークも休講しています。


休校しているなかで、このところ増えているのが「稲花小学校への進路相談」です。


私たちの教室(MBキッズカレッジ用賀校)は稲花小学校へとても近く、教室の卒業生たちも稲花小学校へご縁をいただいています。


稲花小の教頭先生にも教室までお越しいただき、「稲花小学校についての講演会」も開催させていただいたことがありました。

書店で売っているお受験本(『有名小学校 幼稚園に合格する本』など)にも稲花小の記事を書いています。


エリア的にも大変近い距離感でよく存じ上げている学校さんということもあって、稲花小のご相談が多く寄せられているのです。

今年もこちらの本で「稲花小学校に合格する」という記事を執筆しています。

稲花小の人気を分析すると

さて、開校初年度から大変人気の稲花小学校です。保護者の方が稲花小について興味を持つきっかけはたくさんあると思います。


私の分析では

(1)新しい学校で、いわゆる「お受験」の堅苦しさや様式美のない実力勝負の学校

(2)アフタースクール完備、完全自校調理の給食も完備

(3)ネイティブ教師の英語が一年生から週1回に高水準で行われる

(4)中受で高偏差値となる農大1中1高への連絡進路

(5)大学の施設や設備を使った本物教育


これらが、今まで小学校受験を検討していなかった層に響いているのだと思っています。


それに加えて、今年は特にコロナの影響もあると思っています。


というのも、稲花小のある世田谷区はコロナの影響で3月〜5月の3ヶ月間、公立小学校がお休となりました。


休校の公立小では、まだまだオンライン授業が始まっていません。


ところが、私立小の早いところだとすでに3月上旬からオンライン双方向授業が始まっています。5月にはほとんどの私立小学校でなんらかの形でオンライン授業は行われるでしょう。


となると、「世田谷区は学区が良いから」と公立一本だった保護者の関心が、私立小学校へ向いてきます。


学校がない期間、子どもたちの貴重な3ヶ月間に学校からのオンライン授業の有無(たとえそれが「朝の会」と「ちょっとした授業」だけだったとしても)は大きいからです。

稲花小に合格するコツ①「ペーパー練習をやり込むべし」

稲花小の入試問題は「ペーパー」「行動観察」「面接」の3分野です。そのうち、ペーパーの難易度が高いです。例えば図形でいうと・・・

<問題>左端の形にするには、折り紙をどのように切れば良いですか?一つ選んで○をつけましょう。

『4歳,5歳,6歳 小学校の勉強ができる子になる問題集(実務教育出版)』P67より

イメージしてください。問題は、テスターによって1回だけ口頭で言われます。1問につき回答時間は15秒間程度です。


これ、トレーニングしてない5歳児さんはまず出来ません。(いえ、慣れていないと大人でも難しいと思います。)稲花を目指すのであれば、図形の問題はこのくらいの難易度のペーパーを十分にやりこんで試験に望みます。


言語の分野でも、「ちまき」とか「みこし」などのように、伝統文化にまつわる単語が出てきます。

例えば「羽子板」って、いつの季節で、どんな形で、何をするものか理解していないと、そこから先の問題が解けないのです。


分野は幅広く出ます。出題範囲としては、算数的な要素(数量、図形、知覚、推理)と、国語的な要素(お話の記憶、言語)そして理科社会的な要素(季節、科学、物理、自然科学、常識)など、多岐に渡ります。


入試問題の難易度が高いこともさることながら、受験者の平均点が高いことも稲花小の大きな特徴です。(つまり、難易度の高いペーパーをやりこんできているお子さんが多い)


とにかくペーパー問題の練習で穴がないように網羅しましょう。

稲花小に合格するコツ②「服装・敬語に気をつけるべし」

稲花小は新しい学校です。こちらの記事にも書きましたが、コネもエンコもありません。親の職業や学歴も家柄も関係ありません。


もちろん共稼ぎでも全く問題ありません。シングルマザーでもシングルファーザーでもステップファミリーでも、それが原因で落とされるということはないでしょう。


というと、いわゆるお受験っぽくない試験かと誤解されることも多いのですが、「ラフな格好で試験に行く」とか、「特別な勉強をしなくても、普段の幼稚園や保育園と同じ感覚で大丈夫」ということではありません。


少なくともお受験服は親子ともに必要ですし、口頭試問で聞かれた先生に対しては完全に敬語で答える練習も必須です。


これは「先生や学校に対しての敬意を払う」ということと、「親子ともにきちんと準備してきました」という表れでもあります。


稲花小の面接は、必ずしも両親が揃って受ける必要もありません。しかし、両親が揃って面接に臨んだ方が学校側としては安心です。


これから長い間お子さんをお預かりするわけですから、学校側としては、将来クレーマーになりそうな親御さんは、最も避けたいですからね。


「受けにきてやった」的な上からのニュアンスがチラッとでも見えれば、いくらお子さんが優秀であっても敬遠されます。


72人の募集定員に対して900人くらい出願してくるんですから。


また、受験系の幼児教室で多くのお子さんと接していると、口頭試問のやり取りを数問行っただけでも、その子がどのくらい準備してこの試験に臨んでいるかおおよそ分かります。


お答えの内容はもちろんですが、「ですますで答えられる」「問われたらすぐに答える(え〜っと、とか、う〜んね〜と、などの言葉を付けずに答える)」「作業の手を止めて、先生の目を見て答える」などなど。


毎年何百人もの幼児の入試を担当しておられる私立小の先生ももちろん同じでしょう。


新設校で実力重視の学校だからこそ、カジュアルな気持ちで準備せず受ける記念受験では、すぐに見抜かれてしまいます。

稲花小に合格するコツ③「悪い癖を治すべし」

入試で行う「行動観察」というのは、いわゆる「子どもたち同士でグループに分けて、ブロックなどで遊ぶ」ことを観察する入試形式を言いますが


これは幼稚園や保育園での活動(遊び)と全く違う観点から観察されます。



ふざけが止まらなくなる子。「先生、見て!」のアピールが強い子。複雑な指示を聞き逃してしまっている子。先生が話している時に横から割って入る子・・・・・・。


子どもたちに悪気はなく、子どもらしいといえば子どもらしいと言えるかもしれません。このような無邪気なお子さんは模試会場でもよく見かけます。


でも知っておいていただきたいのは、人気校は「実年齢よりも発達、学力、体力が優れている子」を求めています。ある意味、幼児性の抜けた、頭も心も実年齢より進んでいる子が合格しています。


ペーパーだけで測れない「その子の幼児性」を見ることができるのが行動観察です。幼児教室などで行っている行動観察のトレーニングは、ある意味、試験会場を意識した「場の提供」でもあります。


行動観察の対策は大人数の幼児教室でやるイメージかもしれませんが、実は家庭の中でも大いに対策できることがあります。


それは「悪い癖を治す」ことです。


具体的に言います。試験中にあくびをする子はとても多いです。


午前中からあくびをしている子を見ると「生活習慣が乱れているな(夜遅くまで起きているんだな)」と判断されます。


立つ姿勢や座る姿勢も大いに見られます。10人のお子さんがいて、姿勢がピカイチで良い子はそれだけで大きく有利です。(逆をいうと、姿勢の悪いお子さんは本当に多いです)


そのほかにも


鼻をほじる。
机に肘をつく。
足をブラブラさせて座る。
爪を噛む。
足を開いて座る。


というような癖のあるお子さんは、試験会場でも同じように普段の癖が出ます。


繰り返しますが「子どもらしい子どもを望んでいます」と言われても、甘えや幼さは抜けている必要があります。


その塩梅は学校によって異なりますし、受験指導に詳しい幼児教室の先生でないと的確にアドバイス出来ない分野でもあります。

意外な点としては・・・


これは誤解されがちですが、小学校受験には「ひらがなが読める、書ける、数字で書かれた計算問題ができる」は、ほぼ必要ありません。


「ひらがなの読み書きやや数字を使った計算は、小学校入学後に学校で教えます」という程で行われるので、ひらがなや数式で書いてある計算問題は出てきません(一部の学校を除く。例えば宝仙学園小は小1レベルのひらがな読み取り問題も出ます)


本人が好きで勝手に覚えるならともかく、ドリルやワークブックでひらがなや数字は無理して覚える必要は全くないのですよ。


青木みのりオンラインサロン 「お受験カフェテラス」
〜お受験のお話をしましょう〜

MBキッズカレッジ「稲花小対策コース」
〜稲花小を目指す特訓コース〜

年中からの知育問題集!3刷10,000部のヒット作
『4歳、5歳、6歳 小学校の勉強ができる子になる問題集』