イヤイヤ期のトイトレを3ステップで無理なく成功させる方法

こんにちは、MBキッズカレッジ校長の青木みのりです。幼児教室の校長として、毎年毎年、たくさんのご家庭において2歳児さんのトイトレ(トイレトレーニング)を指導しています。


今日は2歳児〜3歳児さんの保護者を悩ませる「イヤイヤ期のトイトレ成功方」をお伝えします。

トイトレ、奥が深いです

トイトレはなぜ大変なのか?

トイトレにおいては、実は保育所の場合は保護者が真剣に悩んでしまうほどの問題にはあまりなりません。


「気がついたら園で全部トイトレをやってくれていた」くらいの感覚の方も多いようです。(もちろん園の方針によりますが)


ところが2歳までお手元で育児をしていて幼稚園入園を希望する場合、幼稚園から「できるだけ入園式までにオムツを取ってくださいね」と言われることも多く


オムツ外しは幼稚園入園を控えた保護者がすごく悩んでしまうことも多いカテゴリーなのです。


特に人気の高い園で、入園考査で倍率が出るような場合は、トイトレが終わっている子の方が絶対に有利です。もうこれは経験上、有利か不利かと言われたら絶対「有利!」


よって、我々のお教室ではトイトレはできるだけ入園前の夏には終わらせる(理想でいうとゴールデンウィークまでに克服する)ことをお勧めしています。


幼稚園入試の少なくとも3ヶ月前にはトイトレを完了させておくと「試験中にお漏らし」という超スリリングな事態はまず避けられると思います。


園の説明会などでは「トイトレは終わってなくても大丈夫ですよ〜、個人差ありますから(^o^)」と優しいことを言ってくださるかもしれませんが


園側としても「結果としてトイトレが終わっているかどうかはさておき、前向きに家で取り組んでいるかどうか」はチェックしたいポイントなのかもしれません。


何よりも、「トイレの自立ができると、そのほかのいろんなことが一気に成長する」というのは毎年お教室でも実感しています。オムツからパンツになると、急にお兄さん、お姉さんに変身します。


雰囲気だけではなく、例えば、巧緻性とか、言語力とか、精神面が著しく発達すると思います。


ということで、幼稚園受験生にとってはトイトレは外せない項目なのです。


ところが、2歳児ママ&パパにとってトイトレはハードルが高いんですね。


「発達には個人差あるっていうし、うちの子まだ自分から’おしっこ’って言わないし」
「イヤイヤ期だし無理やり進めてもトイレが嫌いになったら困るし」
「うちは早生まれだから・・・」と。


その気持ちの裏には


「お出かけ先でおもらしされたら困る」
「まめにトイレに誘うのがちょっと面倒くさい」
「お漏らししたときの洗濯ものやお掃除が増えるのが大変」


という気持ちも見え隠れします。


保護者にとっては、トイトレするよりオムツの方が保護者の気持ちが楽、なんですよやっぱり。今どきのオムツは質がいいですし。だから先送りしちゃいたい気持ちもわかります。


でもでも、もしやれそうならぜひトライしてみてください。オムツよりトイレで排尿する方がお子さんにとっても心地よいことだと思うのです。



私がオススメしている「子どもに負担なく、ゆるりと準備して、一気にとる方法3ステップ」は以下の通りです。

オムツが取れると一気にお兄さんお姉さんへと変身します

トイトレステップ1「記録をつける」

トイトレ1ステップ目にすることは

1)ノートを買う
2)食べたもの、飲んだもの、その時間をメモる
3)オムツを30分おきに確認する

の3つです。


要はですね。トイトレ1週間目は「お子さんの排尿感覚を知る」がテーマです。


トイレに座っても、膀胱に尿が溜まっていないと「シーシー」言ってもなかなか勢い良く出ませんので、まずは保護者が排尿感覚を把握することが大切!


そのために「トイトレノート」なるものを作ります。100円ショップなどで良いので手帳を1冊買ってください。手帳サイズの小さめな大学ノートみたいなものでも良いです。


要は、お子さんが朝起きてから寝るまでの間、「食べたものや飲んだもの、その時間」と「オムツが濡れたかどうか、その時間」の2つのことを記録するのです。


スマホにつけるでも良いでしょう(そういうアプリがあったら誰か教えてください)


生まれた時、産院で記録をつけませんでしたか?「おっぱい(ミルク)60CC、午前10:00」「おしっこ(オムツ替え)10:20」「うんち(オムツ替え)10:35」みたいに、子どもの体からの出入りを記録するノート。


あれと同じです。


ステップ1ではそれをひたすらつけてください。ここ地味ですし面倒くさいですけど、お子さんの体への出入りの記録をつけると、トイレに誘う絶妙なタイミングがわかるのです。


だいたい1〜2週間まじめにつけると「うちの子は朝起きて、朝ごはんにこれこれこういうものを食べて(飲んで)その後30分後くらいにおしっこが出ているなあ」とか。「朝ごはんにお茶を50CC飲んで、10時ごろヤクルト65ml飲んだら、だいたいその後おしっこ出てる」とか。


一日のおしっこの回数はだいたい何回くらいかとか。排尿感覚がどのくらい空いているかとか。肌感覚でざっくり把握できるようになります。


排尿感覚がわかれば、「そろそろおしっこ出そうだな」というタイミングでトイレに誘うのです!

オムツにバイバイする日も近い

トイトレステップ2「トイレに誘う」

ステップ2で行うことは

1)朝起きた瞬間にトイレに誘う
2)区切りのタイミングで誘う
3)日中はオムツを濡らさずに過ごすことを目指す


まずは朝イチ。朝イチで起きた瞬間にトイレに座らせると、膀胱に溜まっていますので出やすいです。


「朝起きた時にオムツがすでに濡れている」という場合は、目が覚めてまどろんでいるときに出ちゃっているのだと思われます。



朝、目が覚めてその流れでオムツの中におしっこしてしまう前にトイレに座らせましょう。朝イチで膀胱に尿が溜まっているタイミングだとトイレでのおしっこ成功率がグンと上がります


朝イチのトイレで排尿できたら、イメージ的には富士登山でいうところの6号目。


トイレの後に新しいオムツに変えたら、それが1日濡れないように、「そろそろオシッコだな」というタイミングで上手にトイレに誘いましょう。


「うちの子”おしっこ”って教えてくれないんです」というご質問も多いのですが


教えてくれる子の方が少ないかも。最初はとにかく「こっちから誘う!」ことが必要。こっちから「○○ちゃん、おしっこ行こうね」と誘ってください。


それでも、まあ大抵「まだ(行かない)」とか「やだ(行かない)」とかなりますよね。


遊びの途中は行きたがらないことが多いですので、物事の区切りにすかさず誘うことがコツです。


お出かけに出る前。着替える前。おやつの前。絵本が一冊終わったとき。などの区切りで誘ってください。


そして「行かない」と言われても「行く行く〜行こうね〜座るだけでも座ってみよう♪ららららら〜」とか歌いながらトイレに連れて行ってひとまず座ってもらいます。


その時にタイミングよく膀胱に尿が溜まっていれば、座らせて「シーシー」言ってたらほどなくして出ます。


出たらすっごく褒めます!ご褒美トイトレシールみたいなものを貼るでも良いでしょう。


ただしお子さんがトイレを心理的に怖がる場合は工夫が必要です。トイレに連れて言ったママ&パパは努めて明るく楽しい雰囲気で、トイレタイムを楽しくできると良いですね。


何なら狭くて圧迫感があるトイレだったらば、この時期は扉を開けてしてもOKだと思うんですね。


お行儀的には「トイレの扉は閉めましょう」と教えますが


この段階では「膀胱が満ち満ちてくる→脳がそのシグナルをキャッチ→トイレに座る→脳が膀胱の蛇口を緩める指令を出す→おしっこが出る」という一連の流れを体得する時期なので


「トイレが狭くて圧迫感あって怖いよ!(涙)」という子だったら、期間限定で家のトイレのドアは開けっ放しでも大目に見てあげてください。


心は体についてくる。つまり、体でちゃんとトイレの自立ができるようになると、トイレを怖がることも少なくなってくると思うのです。


「3枚のお札」みたいな、昔の’せっちん’みたいな屋外トイレは別よ。


さて、この一連の「明るく楽しくトイレに誘う行為」は、我々大人には酷なときがあります。大人には大人の事情があり、四六時中いつも上機嫌で明るい訳ではありませんから。


心持ち余裕のある時にトライしたほうが良いです。


下のお子さんの出産を控えている人は、妊娠中期の頃が良いと思います。つわりや臨月で辛い時は無理しないようにしてくださいね。


ある程度、排尿感覚が把握できればトイレにタイミングよく誘えますし、そうするとオムツを濡らすことなく1日過ごせるようになってきます


朝、寝起きにすぐトイレに連れて言って排尿して、新しいオムツを履かせます。


そのオムツを濡らさずに夜まで行けたら、そろそろラストステージに入ります。

朝起きてすぐトイレに行こう!

トイトレステップ3「オムツにさよならする」

そうこうしてトイレでおしっこできるようになってきたお子さんが、次のステップでやることは・・・

1)パンツを買いに行く
2)オムツにバイバイする
3)オムツにはもう戻らない
です。


まずは、お子さんと一緒に布パンツを買いに行きます。


これはおもらし用の吸収トレーニングパンツよりも、思い切って「綿の布パンツ」をお勧めします。



第一段階目で、すでにトイレで排尿する感覚を体得して、オムツが1日濡れなくなっていれば自信を持って布パンツで大丈夫です!


そして大事なこと。それは「パンツは子どもに選ばせる!」です。


お子さんはおそらく、アンパンマンや、キティちゃんや、プリンセスや、戦隊モノや、とにかく大人の美的センスとはちょっと違うパンツを選んでくることと思います。


と、と、とにかく子どもに選ばせることがポイントです!


10枚〜15枚くらい購入してください。西松屋でもアカチャンホンポでもどこでも良いので、とにかく「綿のもの」です。


そしてお子さんの耳元で囁くのです。


「この(パンツの)キティちゃんが1日きれいなままでいるとキティちゃんも嬉しいね、気持ちいいよね!」とか


「おしっこ出たくなったらトイレ行こうね!この(パンツの)トミカみたいにかっこいいお兄さんになれるね!」とか


ポジティブなメッセージを囁くのです。


お子さんは、自分が選んだかっこいい(かわいい)パンツを汚したくありませんし、ママ&パパも同じ気持ちでしょう。


そして新しい布パンツを前に、オムツにバイバイの儀式をします。儀式というほど大げさではありませんが


かっこいい(かわいい)パンツだから、オムツにバイバイしようね」と、お子さんと一緒に「オムツバイバイ」して心のけじめをつけるのです。



悲壮感漂うお別れではなく、明るい気持ちでお別れしてください。お兄さん(お姉さん)の階段を一歩登るのですから、晴れがましい気持ちでお願いします。


そして、一度オムツにバイバイしたらば


旅行や帰省で新幹線や飛行機に乗ろうが、オムツには戻らない」ように気をつけてください。


親御さんの気持ち的にわかりますよ。飛行機や新幹線で漏らしたらどうしよう!という不安。


でも、空港や駅のトイレで必ず乗る前におしっこさせること、必要であれば搭乗前には多少水分を控えることの2つに気をつければ、この段階まできているお子さんがジャバジャバ漏らすということもないと思います。


ここでまたオムツを履いてしまうと、戻ってしまうことがあるので注意が必要です。


さあ、これがオムツ外しの3ステップです。


割と地味ですし手間がかかりますよね。これをパートナーの力を借りずに一人でやるのは大変だと思います。


幼稚園受験を控えていてまだオムツが取れていない場合、ステップ3をゴールデンウィークに持ってくるのがオススメです。パートナーの協力も得られやすい時期を狙ってください。


実際に協力してくれなくても良いのです。心の支えが必要。トイトレは一人で抱え込まないで。特にステップ3はまだお漏らしもしちゃうかもしれない時期なので。。。


子どもって、してほしくないところに限ってお漏らしします。ソファーとかベッドとか「ここ洗えないよっ!!」っていうところを狙っているかのように。


親御さんの心の安定を図るためにも、ステップ3をゴールデンウィークの休暇中に持ってくるには、ステップ1は3月〜4月くらいから始めると良いでしょう。


皆さんのお子さん(と皆さん)がストレスなくトイトレできますように!!

ここでしか話さない「お受験のウラ話」も満載!
お受験を軸に子どもの知育、育児、教育について繋がりましょう!
青木みのりオンラインサロン「お受験カフェ」

会員募集中!!