[年少クラス]図形パズル

図形パズルに集中しています。このタイプの図形問題は学芸大学附属世田谷小学校でもよく出てきますよね。

よく言われますが、図形はセンス。この時期に図形センスを養っておくことが、数学の「幾何」が得意になる秘訣なんだとか。

年少さんのころから少しの時間でもよいので、図形パズル(たんぐらむや三角プレートパズルなど)に慣れ親しんでおくとよいですね。中学になると出てくる図形の複雑な問題を解くときにも補助線が簡単に見えるようになります。