7/11 教室だより

3保幼稚園準備のプレ幼稚園クラスでハサミの練習をしています。やる気を育て、適切に子どもの巧緻性をサポートすることが大切ですね。動作を細分化してみると、ハサミで紙を切ることにもたくさんの工程が含まれていることに気付きます。ハサミを上手に使うには、スモールステップで子どもが一つずつクリアしていくのを待つ時間(と心の余裕)を要します。

右利きの場合は、ハサミの穴に右手の親指と中指を入れる→ハサミを大きく開く→と同時に左手で紙を持つ(紙の向きも重要)→ハサミの刃の間に紙を持って行く→ハサミを閉じる→ハサミを開く→左手で紙を手繰り寄せる→ハサミを閉じる。